個人間カーシェアリング メリットよりもデメリットだらけな気がするけど

個人間カーシェアリング 車のこと

 個人間カーシェアリング 。最近、カーシェアリングが熱いっ!というような特集をテレビやインターネットで良く見るようになりました。カーシェアリング。つまりは自分の車を他人にシェアさせる。貸し出すことですよね。

 自分が車に乗っていない日、時間帯に他人に車を貸し出すことによって、その対価として金銭を受け取り、その金銭を車のローンや保険等に充てることで、車の保有に関するコストを下げることが出来る。ということですが、こんなの貸し出す側はメリットどころかデメリットだらけな気がするんですけど、ナゼこんなに人気があるのでしょうか?不思議ですね(´・ω・`)

個人間カーシェアリング について

 カーシェアリングでも、BtoB若しくはBtoCなら理解できます。

 業者がやるのであれば、そもそもカーシェアリング用の車を仕入れてくるだけですし、自分の車じゃないですから愛着なんて無いし、さらにグループ会社にリース会社やレンタカー事業、ディーラーがあったりなんかしたら車を相当に安く卸すことも可能ですし、事故や故障、ちょっとブツけたとかのトラブルにも対応できますしね。それが仕事ですから。

 でも、CtoCについては私はまったく理解できません。個人間カーシェアリングだなんてメリットどころかデメリットだらけじゃないですか。むしろ、デメリットしか思い浮かばないんですけど。

 個人間カーシェアリングによって、受け取った金銭を車のローンなどの維持費に充当するとのことですが、そもそも知らない人に自分の車を使用させるというのは怖くないですか。

 自分の車がどんな扱われ方をするかわかんないですし、山道とか行ってガンガンにブレーキ踏まれたりしても、ブレーキパッド代なんて請求できないですよね?そんなふうにめっちゃ手荒に扱われたら受け取る対価以上に損をしそうです。

 ある個人間カーシェアリング会社のHPのよくある質問コーナーに、

Q:車の修理が必要な場合は?

A:原則としてお客様同士での問題解決をお願いしております。

 そうきますか。これはちょっとズルくないですか?この業者はカーシェアリングの場を提供するだけで「手数料」を取り、トラブルのリスクはすべて貸し出す側に負わせようってことですよね。

 めっちゃトラブルになりそうですね。そもそも相手が車をブツけてしまったり、擦ってしまたりした時に、相手から自分で代金を回収するなんて、気の小さい私にはとてもできません。相手から修理代を回収できない可能性もありますし、リスク高すぎじゃないですか?

他にも、

Q:クルマの返却後、シェア中に付いた傷・汚れを発見した

A:事実確認のために、ドライバーに直接ご連絡をお願いいたします。お客様同士での問題解決をお願いしております。

 「あなた、私の車をブツけましたよね?修理代を払ってくださいっ!」これを自分で知らない人に言わなきゃいけないんですか!?相手に「私じゃありません!」とか言われたらどうするんでしょ?泥沼の戦いですか。私はとても言える気がしません(>_<)

貸し出す側のメリットが見いだせないかな・・・

 私的にはリスクが高すぎて、貸し出す側の個人間カーシェアリングにメリットなんてとても見いだせないんですけど、ぞれは私の頭が悪いだけで、個人間カーシェアリングには私の知らない素敵なメリットがあったりするのかな?逆に誰か私に教えてほしいです(>_<)

 どこかでちょっとくらいブツけてもぜんぜん問題ないような安い車を買ってきて、それを貸し出すことで利益を得ようというのならちょっと面白そうではありますけど、自分の大事な車を個人間カーシェアリングに貸し出すのは絶対に止めた方が良いですね。リスク高すぎです。なにかあったときのヘコみ具合はぜったいにハンパないと思います(´・ω・`)

 逆に借りる側からしたらカーシェアリングは良いシステムだとは思うんですけどね。

 ちなみ、ホントかどうかわかんないですけど、個人間カーシェアリングで1番人気なのはBMW3シリーズらしいです。「駆け抜ける喜びっ!」BMWを借りようだなんて人は走りたい人ですから、けっこうハードに扱われたりしちゃいそうですね\(^o^)/