コンパクトカーのランキング 走りと燃費と維持費のトータルでおすすめなのは?

コンパクトカーのランキング
スポンサーリンク

コンパクトカーのランキング 今や日本の自動車の売上比率は軽自動車とコンパクトカーで6割を占めています。

そんな売れ筋のコンパクトカーの中で、走り、燃費並びに維持費のトータルで考えておすすめな車はどれなのかな?という私の勝手なランキングです。

スポンサーリンク

コンパクトカーのランキング

日本車でおすすめなコンパクトカー。

特に走りにこだわったコンパクトカーを中心に紹介していきます。

スイフトスポーツ / SUZUKI

コンパクトカーのランキング スイフト

日本車で走りの良いコンパクトカーと言ったらコレしかないでしょ!と自信を持って言える1台。スイフトスポーツです。

車両価格1,941,500円
エンジン型式K14C型
総排気量1.371L
最高出力 (kW/rpm)103<140>/5,500
最大トルク (N・m/rpm)230<23.4kg・m>/2,500-3,500
燃料タンク容量37
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃費16.2km/L

1.4リッターターボ。0-100km加速は6.9秒。最大トルクの発生回転数も相当に低いです、低速からグワーっときますね。

排気量が1.400Lなので自動車税は34,500円。以前のスイフトスポーツより安くなりました。(前型のスイフトスポーツは排気量が1,600cc)

車重は990kgで1トンを切るため自動車重量税は16,400円と安いです。

驚くべきはその価格ですね。素晴らしい性能で「200万円」を切っています。SUZUKI相当頑張ってるなーって印象です。

唯一の欠点をあげるとすれば、、、燃料がハイオクガソリンだということかな。それ以外は非の打ちどころがないです。

ノート NISMO S / 日産

ノート

ノートNISMOの『S』です。このNISMOには通常のNISMOとNISMOSがあるのですが通常のNISMOは外観上だけ変更したものです。

「S」がつくNISMOこそ、ニスモがガチで外見から内面から手を加えまくって出来上がったスポーツカーです。

車両価格2,371,600円
エンジン型式HR16DE
(NISMO専用チューン)
総排気量1.597L
最高出力103kW(140PS)/6,400rpm
最大トルク163N-m(16.6kgf・m)/4,800
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃費公表なし

さすがニスモ!高回転エンジンです。引っ張ると気持ちよさそうです。

1.6リッターなので自動車税は39,500円。車重は1,080kgであるため24,600円。スイフトスポーツよりも一回り税金関係は高いですね。

デメリットはスイフトスポーツと同じくハイオクガソリンになることかな。さらになんとノートNISMOS。燃費が公表されていません。相当に悪いのでしょうね。オモテに出せないくらいに。

あと、スイフトスポーツと違ってノートNISMO SにはマニュアルMTしか設定がありません。AT大好きな私にはちと厳しい。

マーチ NISMO S / 日産

マーチ

走りに日産!は今でもまだそのDNAは残っているんですね。

このマーチもスゴイです。もう徹底的にNISMOによって手が加えられていて、もはやもうマーチとは違う車にっ!

車名の型式が『DBA-K13改』ですもん。改ですよ!もう違う車ですね。

車両価格1,876,600円
エンジン型式HR15DE
(NISMO S専用チューン)
総排気量1.498L
最高出力85(116)/6,000
最大トルク156(15.9)/3,600
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃費公表なし

ノートNISMO Sより一段下の性能ってかんじかな。でもスピードメーター220kmです。マーチなのに。

自動車税は排気量が1.5リッターなので、34,500円。自動車重量税は車重が1,010kgなため24,600円です。わー、あと20kg!なんとか減らせなかったのかな(>_<)1,000kg未満だったら16,400円なのに。

このマーチNISMO SもノートNISMO S同様、マニュアルMTしか設定がありません。そしてハイオクガソリンです。さらに燃費は不明です。

もうこういう車に乗るんなら燃費なんか気にするんじゃないっ!って言われているみたいですね。

ヤリス Z 1.5L4WD / TOYOTA

ヤリス

走りに定評のあるヤリスですが、ヤリスで走ろうと思ったら1.5リッターの4WDです。そしてグレードは最上級の「Z」が強制です。

なぜならば「Z」というグレードにしないとハンドルがウレタンなんていうなんとも悲しい仕様になってしまうからです。これはちょっとヒドいですね。せめて中間グレードでも革ハンドルをっ!

車両価格2,124,000円
エンジン型式M15A-FKS
総排気量1.490L
最高出力88(120)/6,600
最大トルク145(14.8)/4,800-5,200
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃費19.2km/L

自動車税は排気量が1.490Lなので34,500円。自動車重量税は車重が1,130kgなので24,600円。4WDだから重いのかな?と思いがちですけど、2WDでも、1,000kg超えていて。自動車重量税は変わらないです。

スイフトスポーツやスパルタンなNISMOに比べるとちょっとインパクトに欠けますね。

価格が高すぎますね。せめてGグレードでも革ハンドルにしてもらえたら。

ただ使用燃料がレギュラーガソリンなので経済的なのと、あとはトヨタ品質を好む人が買う車かな。

MAZDA2(デミオ) 15MB / MAZDA

デミオ

MAZDA2!昔でいうデミオですね。走行性能の良い車と言えば15MBという貴重なグレードです。

車両価格1,650,000円
エンジン型式PS-VPS型
総排気量1.496L
最高出力85(116)/6,000
最大トルク149(15.2)/4,000
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃費20.2km/L

MAZDA2の全グレードの中で、この15MBというグレードだけが唯一ハイオクガソリンです。

通常のMAZDA2から走りに関係ない装備はぜんぶ取っ払った!ってかんじの潔いグレードです。エンジン始動もプッシュボタンではありません。それくらい装備を省いています。

自動車税は排気量が1.496Lなので34,500円。自動車重量税は車重が1,030kgなので24,600円。

ただデメリットがあるとすれば、この15MBというグレード。マニュアルMTしか設定がありません。

どのメーカーもやっぱり走りをウリにするとなるとマニュアルMTが当たり前なのでしょうか。

日本車の コンパクトカーのランキング でおすすめなのはっ!

SUZUKIのスイフトスポーツが頭一つ抜き出てるってかんじですね。

ノートやマーチのNISMOも相当にカッコ良くってイケてるんですけど、なにぶんちょっと設計が古いかんじが否めないです。ノートやマーチはフルモデルチェンジしてからが勝負なのかなと思います。

ヤリスも新型になったばかりでTOYOTAの誇るTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)によるボディも良いと思うんですけど、最上級グレードにしか革ハンドルがつかないというまったくもって残念仕様。

そして最上級グレードにすると一つ上のランクの車が買えるとなる本末転倒。TOYOTAのこういうところが好きじゃないなぁ。売り方がヒドいというかこざかしい。

MAZDA2は価格の安さがとても魅力的なんですけど、ちょっとトクベツ感がないですよね。質実剛健な車が好きならアリだと思いますけど。

ということで、いま現在、走りにこだわった日本車でおすすめなコンパクトカーは、スイフトスポーツで決まりかな。

ただ、最近はスイフトスポーツにマイナーチェンジの噂があるので、それもチェックしなきゃですね。