ルーテシア ゼン 見た目だけならコンパクトカー世界№1なルノーの車

ルーテシア ゼン
スポンサーリンク

ルーテシア ゼン 型式名は「R5」。フランスのルノーというメーカーの車です。

コンセプトは「恋に落ちるクルマ」だそうです。素敵すぎ。フランス人さんはなかなかやりますねっ。

ルノーには他にもメガーヌっていう超カッコ良い車もありますけど値段も超高い。メガーヌはカッコ良い!ってかんじで、ルーテシアはカワいいってかんじですよね。

スポンサーリンク

エクステリア(外観)

見た目が超カワいいですね。オシャレなかんじもめっちゃします。なんかフランスの風が吹いてきちゃった?みたいなオシャレさ。

私だったらカラーはフランスを象徴する深みのある赤のルージュドゥフランスM。か、真珠のように上品な白のブランナクレM。のどっちかかな。なんか難しい名前の色だけど、簡単に言えば赤色か白色ですね。

インテリア(内装)

内装あれ?見た目と違ってぜんぜんオシャレに見えないんですケド、、、なんか親の古い車と同じようなかんじです。

ま、まぁ外見が良ければな、内装なんて、そんな気にならないですよね。外見はあんなにカワいいのに、なんで内装はこんなに安っぽいんでしょ?内装にももうちょっと頑張って欲しいですね。。もっとカワいくもっと華やかにっ!

ルーテシア ゼン ってどこで買えるの?

そんなこんなで見た目的にかなり気に入っちゃったルーテシアなんですけど、このルーテシアってどこで買えるの?街中であんま売ってるとこ見たときないような。とかなんとか思っていたら、なんと私の地元にはルノーのディーラーはありませんでした。

公式HPで調べてみると、私の家から一番近くのディーラーまで片道50km以上はあるんだけど。

マジすかっ!なにこれ。なんとか頑張ってディーラーに辿り着いて憧れのルーテシアを買ったとしても、その後の修理やメンテナンスや車検なんかで毎回、めっちゃ遠くまで行かないといけないということなのかな。ウーン、田舎はツラいね。

とても試乗も出来ません。

カルロスゴーン

ルーテシアを製造しているルノーのカルロスゴーンさんが2018年11月に逮捕されてしまいました。

カルロスゴーンさんといえば、倒産しかけた日産をリバイバルプランで立て直した経営学を勉強している人にとっては教科書にゼッタイ出てくる神様みたいな存在です。

そんなカルロスゴーンさんが逮捕されてしまいました。とてもショッキングなニュースだとは思うのですが、日産自動車(7201)の株価を見てみると、カルロスゴーンさんが逮捕された翌日、株価は50円程しか下がっていません。なぜ?この程度しか下がらなかったのかな。

内部告発から始まったこの事件。日産自動車の社長も笑顔でインタビューに答えていました。日産自動車が倒産しかけたのも今は昔。立ち直った今ではもうカルロスゴーンさんが日産自動車にとってジャマな存在になってしまったのか、日産自動車がルノーから独立したいという意志の現れなのか、わかんないですけど、なにかウラがありそうな事件ですね。

なにわともあれ、カルロスゴーンさんがいなくなってしまった日産自動車の今後はどうなるのかな。また泥船に戻らなきゃいいけど。利を見て義を忘れるなーんて。